100年健康アドバイザー検定

シニア住宅に関わっている方へどちらのシニア住宅にしたいですか? 入居者が元気で活力あるシニア住宅を目指しませんか? シニア住宅に関わっている方へどちらのシニア住宅にしたいですか?入居者が元気で活力あるシニア住宅を目指しませんか?

なにもしなければ、
加齢とともにご入居者の
体力レベルは下がっていきます。
また、入居時の年齢も
年々高齢化している
傾向にあります。

シニア住宅入居者平均年齢

運営年数が長くなるにつれ、
シニア住宅運営には
様々な課題が。

シニア向け住宅に求められることは入居者のケア。
高齢者だからこそ、通常の住宅とは異なるサービスを提供する必要があります。
しかし、入居者の体力レベル低下に伴い、様々な課題が浮き彫りになっています。

非効率なオペレーション・サービス維持のためのコスト増・多様なサービス提供によるスタッフへの負担・人材不足

一度始めたサービスはなかなかやめることができないのも現状です。

だから

入居者を元気にすることで、
スタッフの負担を軽減し、活力あるシニア住宅
目指しませんか。

現状:高齢者向けの運動指導のために外部のトレーナーに依頼する。 問題点:コストがかかる・頻繁には開催できない・入居者全員に運動指導することはできない

シニア住宅に関わる
スタッフ一人一人が
入居者の健康サポーターになることが理想です
活力あるシニア住宅は、
他住宅との差別化にも
つながります。

正しい知識・正しい指導 正しい知識・正しい指導
そこでお勧めしたいのが100年健康アドバイザー検定

高齢者の健康を正しくサポート
するノウハウを
学ぶことができます。

100年健康アドバイザー検定とは?

100年健康アドバイザー検定は、日本の高齢社会事情から、高齢者の身体特性、どういった運動を行えば良いのか等を勉強する事が出来ます。
近年話題になっているサルコペニア・ロコモティブシンドローム・フレイルの定義や評価方法等を学ぶ事で、早く気付き、対処する事が可能になります。

各級の内容

3つの検定ステップ
3級
現在の日本の人口動向や、高齢者の身体がどのように変わっていくのか、サルコペニア(筋肉減少症)、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)、フレイル(虚弱)と呼ばれる言葉の意味や、どのようになるとそう呼ばれるのか、評価方法は基準値等を理解する事が出来ます。
2級
3級で学んだサルコペニア(筋肉減少症)、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)、フレイル(虚弱)について、それぞれの対策方法について学ぶことが出来ます。また、筋肉の種類や、筋肉が衰えた際に起こる弊害等を理解することで、筋力を維持することの大切さを理解することが出来ます。
1級
筋力を鍛える際のトレーニングの種類(マシントレーニング、フリーウエイトトレーニング、自重トレーニング)に応じたメリット・デメリットや、筋力を向上させる為の原理・原則や休養(栄養)の正しい知識を学ぶことで、目的に適した効果的なトレーニング方法について理解することが出来ます。

実技を中心とした養成コースも用意しています。

検定の概要

事前の予習は不要!
当日参加するだけで必要な知識が得られます!

本検定は3級から1級まであり、講習と筆記テストを合わせて受けていただくことで取得できる検定です。

講義1時間・筆記試験1時間 検定の概要表

健康寿命の専門家が監修しています!

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科教授 医学博士 町田 修一
順天堂大学 大学院
スポーツ健康科学研究科 教授
医学博士 町田 修一

団体受験も可能です

講義1時間・筆記試験1時間

会場をご用意頂ければ、講師が出向いて講義と試験を実施致します。
開催日時も直接お打ち合わせをさせて頂きますので、ご都合の良い日を
選んで頂けます。

団体受験をご採用いただいた企業様の声

株式会社東急イーライフデザイン 運営推進部 男性 30代

弊社の運営する住宅では、以前より順天堂大学と提携をし、「日本サルコペニア・フレイル学会」にてご高齢の方の筋力維持に関して学会発表を行う等、積極的にご入居者の筋力維持について取り組んで参りました。スタッフが専門知識をもって、ご入居者の日々の運動や社会参加の機会に対してより積極的なサポートができるようにするために、この検定を採用させていただきました。健康寿命の延伸につながるこの住宅環境を、他社との差別化につながる強みとして今後さらに活性化させていきます。

これからますます増えるシニア世代のお客さまに、よりよいサービスを提供するため、スキルアップを目指しませんか?! 100年健康アドバイザー検定
詳細・申込はこちら
ページトップ