3級のご案内

日本の超高齢社会の現状や問題点が理解出来ます。
近年問題になっている、サルコペニア、ロコモ、フレイルの定義や評価方法が学べます

3級で習得できること

現在の日本の人口動向や、高齢者の身体がどのように変わっていくのか、サルコペニア(筋肉減少症)、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)、フレイル(虚弱)と呼ばれる言葉の意味や、どのようになるとそう呼ばれるのか、評価方法は基準値等を理解する事が出来ます。

試験概要

概要 日本の超高齢社会の現状や問題点が理解できる
検定内容 講習:1時間
筆記試験:1時間
受験料 ¥5,000(税抜)

試験日程

試験
日程

会場

定員

申込み締切

申込み

試験
日程

2019年10月26日(土)
10:00~

会場

東京 コンベンションルームAP東京八重洲通りSルーム

定員

50名

申込み締切

2019年10月20日(日)

申込み

締め切りました

団体受験について

100年健康アドバイザー検定では
団体受験も受け付けております。
学校や企業で受験をお考えの方は
お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

当日の流れ

会場にてお渡しするテキストに沿って講義を行い、質疑応答の後に筆記テストとなります。

講義内容

  • 第一章 日本の高齢事情
  • 第二章 サルコペニアとは?
  • 第三章 ロコモティブシンドロームとは?
  • 第四章 フレイルとは?
※サルコペニア、ロコモ、フレイルそれぞれの定義と評価方法について勉強します。