2級のご案内

サルコペニア、ロコモ、フレイル対策や筋肉の種類について学習します。
筋肉が衰えるとどのような弊害が起こるのかを学べます。

2級で習得できること

3級で学んだサルコペニア(筋肉減少症)、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)、フレイル(虚弱)について、それぞれの対策方法について学ぶことが出来ます。また、筋肉の種類や、筋肉が衰えた際に起こる弊害等を理解することで、筋力を維持することの大切さを理解することが出来ます。

試験概要

概要 サルコペニア、ロコモ、フレイル対策や筋肉の種類について学習します。
検定内容 講習:2時間
筆記試験:1時間
受験料 ¥8,000(税抜)

試験日程

詳細が決定したら掲載いたします。

団体受験について

100年健康アドバイザー検定では
団体受験も受け付けております。
学校や企業で受験をお考えの方は
お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

当日の流れ

会場にてお渡しするテキストに沿って講義を行い、質疑応答の後に筆記テストとなります。

講義内容

  • 第一章サルコペニア、ロコモ、フレイル対策
    (運動・栄養・社会参加)
  • 第二章筋肉の種類(骨格筋・平滑筋・心筋)について
  • 第三章骨格筋の衰えと弊害について
    (代表的な筋肉の衰えと日常生活動作の弊害について)
※第一章で学んだサルコペニア・ロコモ・フレイルに対して何を行うべきか、又、我々の身体(筋肉)について勉強します。

資格維持について

資格を維持するためには、2年に1度のフォローアップ講座の受講が必要です。