シニア健康情報

認知症 ~発生のメカニズムと予防~


65歳以上の認知症患者数は2012年では462万人で約7人に1人の割合であったが、
2025年には約5人に1人と推測されている。
 
日本における認知症の人の将来推計
認知症にかかっている方の割合(年齢別)












●認知症になる原因
主な認知症の種類別割合


認知症になる原因として多いのが「アルツハイマー型」で、その次が脳血管性の認知症です。現在の医療では、一度認知症と診断されると治す事は出来ません。ただ、認知症の手前「軽度認知機能障害(MCI)」であればかなりの確立で改善出来る事が判ってきています。早い段階でのスクリーニングや施策が必要となります。認知症と聞けば「記憶障害」と思いがちですが、実は様々な症状が現れます。また、うつ病と認知症の初期症状は専門医でも間違うくらいです。




●認知症による症状
・失行:物の使い方が判らなくなる⇒ボタンがかけられない等
・失語:言葉が出ない⇒「あれ」「それ」等の指示語ばかりになる
・失認:場所等が判らなくなる⇒通い慣れている所へ行けなくなる
・自発性低下:物事への関心が薄くなる⇒うつ症状でもある


●記憶の消失
・即時記憶(60秒まで)
・近時記憶(数分後まで)
・遠隔記憶(昔のこと)

※アルツハイマー型に見られる「海馬」の萎縮は‘即時記憶’‘近時記憶’から抜けていきます。


●犯人はアミロイドβとタウ蛋白

認知症発症の約25年前から「アミロイドβ」という物質が脳内に蓄積されます。このアミロイドβが神経細胞を傷つける事で‘物忘れ’が始まったりします。認知症発症の約15年前からは「タウ蛋白」の蓄積が始まり、神経細胞が破壊されます。






●どんな人がアルツハイマーになりやすい?!
アメリカでの調査にはなりますが、アルツハイマー型認知症の一番の予防法は「運動」と言えます。脳血管性認知症の原因も「肥満」「糖尿病」「高血圧」「運動不足」等ですから、これらの原因を解消する事が、認知症の予防になる事は間違いないです。

運動もどうせ行うのであれば、少し汗ばむ程度の強度で行った方が効果的です。歩くにしてもゆっくり歩くのではなく、早足で歩く事を心がけましょう。



また、一人で黙々と運動するよりも、何名かで会話を楽しみながら行った方がはるかに効果が高くなります。社会的なつながりの充分な人とそうでない人の認知症の発生率は8倍の差がある事が判っています。


筋力トレーニングも効果的です。筋肉を頑張って使う為には、脳から「頑張れ」と指示が出て、筋肉からは「疲れた」という情報のフィーバックがあります。このやり取りが脳を活性化させます。