100年健康アドバイザー
検定について

健康長寿社会の実現に
必要な知識を学ぶ検定

100年健康アドバイザー検定は、日本の高齢社会事情から、高齢者の身体特性、どういった運動を行えば良いのか等を勉強する事が出来ます。近年話題になっているサルコペニア・ロコモティブシンドローム・フレイルの定義や評価方法等を学ぶ事で、早く気付き、対処する事が可能になります。

3つの検定ステップ

対象者

専門職の方だけでなく、ご自身やご家族の健康について気になる方など、幅広い方に学んでいただけます。

  • 健康寿命の延伸に関心のある方
  • ご家族様の為に高齢者の健康について学びたい方
  • デイサービスなど高齢者の健康に関わるスタッフの方
  • これからのご自身の健康について学びたい方

資格取得のメリット

本資格を取得していただくことで、以下のようなメリットがあります。

高齢者健康維持
向上に向けた活動
活用できます。
専門知識
身につけることで
仕事の幅が広がります。
ご家族様ご自身がこれからも健康でいるための
知識を得られます。
健康寿命の専門家からの推薦
医学博士 町田 修一

超高齢社会を迎えた日本において、健康寿命延伸の必要性は誰もが直面する身近なものになりました。健康寿命については、個人だけなく、家族や地域、そして社会全体で迅速に取り組まなければならない課題です。『100年健康アドバイザー検定』では、シニア世代の健康に関する問題や知識について学びます。私たちの取組みは、やはり最後は“人”で決まると思います。支え合える少子超高齢社会の実現に向けて、志を一緒にした人々が集い、お互いに研鑽を重ね、社会で活躍できる指導者やリーダーの育成を目指します。

順天堂大学 大学院 スポーツ健康科学研究科 教授
医学博士 町田 修一

検定の概要

本検定は3級から1級まであり、講習と筆記テストを合わせて受けていただくことで取得できる検定です。